自己啓発にもつながる海外旅行をしましょう

地方の活性化と経済成長率の向上に寄与する国内旅行ブーム

自己啓発にもつながる海外旅行をしましょう 国内いたるところで自治体及び地元の商工業者と住民有志等が協働作業でウェブサイトを立ち上げて観光名所をPRする傍らで名所旧跡や景観だけでなく、地元に埋もれかかっている由緒ある古刹等の建造物や古くから伝わる伝統芸能など、文化的価値のある遺産を活用して地元の魅力を高める情報発信やPR活動を積極化させています。人口減少と高齢化の進む地方では観光振興を図って地元を訪れる旅行客、特に、リピーターの増加を図ることで地場産業の活性化や地域の賑わいを取り戻そうと懸命です。

昨今はどこへ旅行しても人の集まりやすい駅や地域のメインストリートあるいは道の駅などへ立ち寄れば観光関連グッズが売られているので、マイカーやバス旅行等で訪れる観光客の目につきやすくなっています。これは人口流出に悩んでいる地方が大都市部の人達に来てもらって、観光し、地域おこしのイベント等に参加して、ついでに地元の農産物や海産物を使った食事をし、地元特産品を買ったり、日帰り温泉に入浴して楽しんでもらうことを期待しているわけですから、おもてなしサービスの気持ちで一杯です。大都市の人は旅行することで地域おこしに協力できることになります。

地元に旅行客が増えてくれば地域の観光関連産業に新たに就業の機会が増えて、若者を中心とする人口流出に歯止めがかかる期待につながります。旅行客の増加が地域経済の活性化に役立つことは既に観光地で起こっている中国や東南アジア旅行客による爆買い効果に良く表れています。政府でも三大都市圏における外国人の旅行ブームを全国津々浦々まで広めることが地域の活性化だけにとどまらず、経済成長率のアップに寄与すると判断しています。